So-net無料ブログ作成
検索選択

「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、沖縄防衛局の真部朗局長は30日、政府が沖縄の負担軽減のために鳥島、久米島(ともに久米島町)の両射爆撃場と、沖縄本島東沖の訓練水域「ホテル・ホテル区域」の一部解除を米側に求めることについて、米側の理解を得るのは困難との認識を示した。

 定例記者懇談会で明らかにした。

 射爆撃場の返還などは、県が従来、政府に要望してきた。真部局長は、鳥島について「(沖縄)周辺で唯一、実弾射撃が可能な射爆撃場。返還すれば米軍の運用に影響を与える」と指摘。模擬弾を使用する久米島と、ホテル・ホテル区域に関しても、「運用上の必要性を考慮すると、簡単に答えは出ない」と語った。

 政府は、同飛行場の移設候補地として、米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部、米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖の県内2案で米側と交渉を進める方針。射爆撃場の返還などは、県側に受け入れを説得する際の材料にするとみられる。

大麻所持容疑で教頭逮捕 49歳エリート教頭なぜ(産経新聞)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
皇太子ご一家が帰京(産経新聞)
小中高生の万引防止 公立校に教材配布へ(産経新聞)
小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。